就業調整をしているパートは、全体の15%強(配偶者あり女性では22.8%) 

 厚生労働省は、2017.9.19、平成28年「パートタイム労働者総合実態調査」の結果を公表しました。
 この調査は5人以上の常用労働者を雇用する事業所から約17,000事業所及びパート約 17,000 人について実施されたもの。
 ここでは、同調査のうち、「就業調整の有無及び就業調整の理由」について抜粋紹介致します。

○  就業調整の有無及び就業調整の理由

1 パートタイマーのうち、「年収の調整や労働時間の調整実施」の割合をみると、「就業調整をしている」 15.4%、に対して「就業調整をしていない」 66.6%となっている。

2 男女別にみると、「就業調整をしている」は、男では 4.9%、女では 19.1%。

3 配偶者の有無でみると、「就業調整をしている」は、配偶者がいるパートでは男で 6.9%、女で 22.8%となっており、配偶者がいないパートでは男で 3.4%、女で 7.2%となっている。

 詳細は下表を参照してください。
パート就業調整
 (クリックすると拡大表示できます)

参考 厚生労働省「平成28年パートタイム労働者総合実態調査の概況」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/keitai/16/index.html


[編注、コメント]

 就業調整をしているパートタイマーは、全体の15%強。配偶者のいる女性パートでは就業調整を実施しているとする割合が、22,8%に増えるが、多数派ということではない。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/675-54fa9caf