残業80時間超の名古屋「大宝運輸」-公表基準厳格化後で初の社名公表 

残業80時間超の名古屋「大宝運輸」
公表基準厳格化後で初の社名公表



 厚生労働省愛知労働局は2017.9.4、複数の事業所での違法な長時間労働を行わせ、是正指導したにもかかわらず、その後も改善しなかったとして、名古屋市の運送会社「大宝運輸」の社名を公表した。
 大宝運輸の1か月あたり80時間を超える違法な時間外・休日労働は、4つの事業所で計84人にのぼり、このうち74人は1か月あたり100時間を超え最長197時間のケースもあった。

○ 愛知労働局、公表基準厳格化後で初の社名公表

 厚労省はこれまで、複数の事業所で月100時間を超える違法残業が確認された場合などに社名を公表してきたが、2017年1月に公表基準を月80時間超に見直した。それ以来、社名を公表するのは今回が全国で初めてとなる。


 [編注、コメント]

 公表基準厳格化後で初の社名公表となる。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/683-d31b9779