FC2ブログ

副業・兼業を解禁する場合の「就業規則改定案」 

副業・兼業の解禁
「就業規則改定案」

(追加情報)2018.2.17
厚生労働省から「確定版」副業・兼業の促進に関するガイドラインおよびモデル就業規則を公開された(2018.1)。以下、関係パンフレット、Q&Aとともに、関連情報のリンクを貼っておきます。

1 副業・兼業の促進に関するガイドライン
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000192844.pdf
2 モデル就業規則
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/model/index.html
3「副業・兼業の促進に関するガイドライン」パンフレット
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000192845.pdf

4「副業・兼業の促進に関するガイドライン」Q&A」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000193040.pdf

------------------------------------------------------------------------
(元記事)

 「柔軟な働き方に関する検討会報告書」
 厚生労働省は2017.12.25日、「柔軟な働き方に関する検討会」報告書を公表しました。
 この報告書の中に、副業・兼業の推進に関するモデル就業規則(改定案)が示されていますので、参考掲載致します。



 ○ 労働者の遵守事項における副業・兼業に関する規定(「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」)を削除のうえ、以下の規定を新設する

(副業・兼業)
第65  労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。
2 労働者は、前項の業務に従事するにあたっては、事前に、会社に所定の届出を行う ものとする。
3 第1項の業務が次の各号のいずれかに該当する場合には、会社は、これを禁止又は 制限することができる。
 ① 労務提供上の支障がある場合
 ② 企業秘密が漏洩する場合
 ⓷ 会社の名誉や信用を損なう行為や、信頼関係を破壊する行為がある場合
 ⓸ 競業により、会社の利益を害する場合


(遵守事項)
第11条 労働者は、以下の事項を守らなければならない。
1 許可なく職務以外の目的で会社の施設、物品等を使用しないこと。
2 職務に関連して自己の利益を図り、又は他より不当に金品を借用し、若しくは贈与を受ける等不正な行為を行わないこと。
3 勤務中は職務に専念し、正当な理由なく勤務場所を離れないこと。
4 会社の名誉や信用を損なう行為をしないこと。
5 在職中及び退職後においても、業務上知り得た会社、取引先等の機密を漏洩しないこと。
6 許可なく他の会社等の業務に従事しないこと
7 酒気を帯びて就業しないこと。
8 その他労働者としてふさわしくない行為をしないこと。

(懲戒の事由)
第62条 労働者が次のいずれかに該当するときは、情状に応じ、けん責、減給又は出勤停止とする。
1-6 (略)
7 第11条、第13条、第14条に違反したとき
8 (略)
2 (略)

(参考)副業・兼業の推進に関するガイドライン骨子(案)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11909500-Koyoukankyoukintoukyoku-Soumuka/0000185385.pdf


 [編注、コメント]
 「就業規則改定案」は、今後、各事業場における就業規則の作成・届出の参考とするため、厚労省「モデル就業規則」として、厚生労働省ホームページに掲載してゆく方針が明らかにされている。
 一般に、モデル就業規則は、大手・中堅企業より中小規模事業場において参照、援用されることが多いが、副業・兼業の解禁問題に関して中小規模事業場がモデル規定をそのまま導入してよいかについては、事前の検討がほしい問題である。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/685-ccb32b34