出張旅費に関する調査(2017年産労研調査) 

出張旅費に関する調査
(産労研2017年調査)

 産労総合研究所は、2017.10.27、「2017年度 国内・海外出張旅費に関する調査」の結果を発表しています。
 調査対象は3000社、回答のあった174社の集計。

 調査結果の概要はつぎのとおりです(産労総合研究所まとめ)


1. 国内出張旅費

○ 日帰り出張の日当を支給する企業は86.8%。平均支給額(距離・時間・地域区分がない場合)は,部長クラス2,491円,一般社員1,954円
○ 宿泊出張の日当を支給する企業は91.4%。平均支給額(全地域一律の場合)は,部長クラス2,809円,一般社員2,222円
○ 宿泊出張の宿泊料の平均支給額(全地域一律の場合)は,部長クラス9,870円,一般社員8,723円
○ 新幹線グリーン車の利用を許可している企業は,部長クラスで19.5%(条件付きの許可を含む)
○ 有期契約社員の出張がある企業は60.3%,そのうち日当等が正社員と同じ企業が81.9%


2. 海外出張旅費

○ 日当の平均支給額(円建て企業)は,北米で部長クラス6,189円,一般社員5,080円,中国地域で部長クラス5,604円,一般社員4,603円
○ 宿泊料の平均支給額(円建て企業)は,北米で部長クラス15,950円,一般社員14,170円,中国地域で部長クラス13,780円,一般社員12,259円
○ 海外旅行傷害保険に加入している企業は79.9%。治療費の平均保険金額をみると,傷害保険は部長クラス923万円〜一般社員875万円,疾病保険は部長クラス680万円〜一般社員671万円
○ 航空機の利用クラスは,部長クラスで「ビジネスクラス」5.7%,「エコノミークラス」61.5%


調査結果の詳細は、下記URLから直接参照することができます。
→ https://www.e-sanro.net/research/research_jinji/shanaiseido/shuccho/pr1710.html


 [編注、コメント]

 出張旅費の実態調査は、実務担当者にとって、貴重であり実務面でも重宝される。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/702-51e4b909