労災保険法施行規則等の一部改正(平成30.4.1施行) 

労災保険法施行規則等の一部改正案の概要
平成30年4月1日施行へ


1 平成30年4月から適用される新たな労災保険率(54業種)が設定された。これにより、全業種の平均料率は 4.5/1,000となる。

h30労災保険料率
(クリックすると拡大表示できます)

2 社会復帰促進等事業等に必要な費用の限度額を引き上げる。

3 家事支援業務に従事する方について、労災保険の特別加入制度の対象に追加する。

4 時間外労働の上限規制等の円滑な移行のため、中小企業事業主に対して、助成金の内容を拡充する。

h30時短助成金

(クリックすると拡大表示できます)

5 「労働者災害補償保険法」に基づく介護(補償)給付と、「炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法」に基づく介護料の最高限度額及び最低保障額を引き上げる。


詳細は、下記サイトから確認することができます。
→ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000188909.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/710-6717caf2