FC2ブログ

肝がんと放射線被ばくに関する医学的知見 (厚労省検討会報告書) 

肝がんと放射線被ばくに関する医学的知見
(厚労省検討会報告書)


 この報告書は、厚生労働省の「電離放射線障害の業務上外に関する検討会」が、放射線業務従事者に発症した肝がんの労災請求があったことを受け、業務が原因かどうかを判断するために、国際的な報告や疫学調査報告などを分析・検討し、取りまとめたものです。
 なお、報告書を踏まえた肝がんと放射線被ばくに関する当面の労災補償の考え方は、次のとおりです。


1 当面の労災補償の考え方

 放射線業務従事者に発症した肝がん(肝細胞がん、胆管がん及び血管肉腫等)の労災補償に当たっては、当面、検討会報告書に基づき、以下の3項目を総合的に判断する。

1) 被ばく線量

 被ばく線量が 100mSv 以上から放射線被ばくとがん発症との関連がうかがわれ、被ばく線量の増加とともに、がん発症との関連が強まること。

2) 潜伏期間

 放射線被ばくからがん発症までの期間が5年以上であること。

3) 放射線被ばく以外のリスクファクター

 放射線被ばく以外の要因についても考慮する必要があること。

2 その他具体的検討

 個別事案の具体的な検討に当たっては、厚生労働省における「電離放射線障害の業務上外に関する検討会」において引き続き検討する。

上記1の(1)及び(2)については、これまでの甲状腺がん等の固形がんに係る当面の労災補償の考え方と同一である


[編注、コメント]

 報告書の概要は次のサイトで確認できます。
 → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000181083.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/712-095c2784