働き方改革〜「長時間労働削減のための労働時間管理の強化」に最大関心 

働き方改革〜「長時間労働削減のための労働時間管理の強化」に最大関心

 厚労省労働経済動向調査(平成29年11月)が、”特別調査項目”に「働き方改革の取組」を取り上げている。
 以下、当該調査結果を紹介します。
 → http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/keizai/1711/dl/siryo.pdf

働き方改革の取組
  30人以上の常用労働者を雇用する全国の民営事業所5,835事業所(調査票回収数事業所2,625事業所、有効回答数事業所2,620事業所、有効回答率44.9%)

(1) 現在までに実施した取組

 「働き方改革」について、現在までに取組みを行った事業所のうち、最も割合が高かった取組は「長時間労働削減のための労働時間管理の強化」(60%)。次いで「休暇取得の促進」(54%)、「育児・介護中の職員が働きやすいような環境整備」(46%)といった取組の割合が高くなっている。
働き方改革実施事項29

(2) 今後実施する予定の取組

 「働き方改革」について、今後実施する予定と回答した事業所のうち、最も高かった取組は「長時間労働削減のための労働時間管理の強化」(71%)。次いで「休暇取得の促進」(64%)、「育児・介護中の職員が働きやすいような環境整備」(53%)である。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/713-7f796d1c