FC2ブログ

大手自動車メーカーにおける無期転換とクーリング期間の取扱い 

大手自動車メーカー
「無期転換とクーリング期間」の取扱い



 厚生労働省は2017.12.27、大手自動車メーカー10社に対して行った「いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査」結果を公表している。

○ 注目のクーリング期間6ヶ月の取り扱いについては、以下のような調査結果が明らかにされた。

1  労働契約法の改正前から一定期間を必要とする運用を行っていたが、労働契約法の改
正によりクーリング期間が6ヶ月とされたことを踏まえて、一定期間を法の規定と合わせる運用とした企業は、7社中5社。
2 労働契約法の改正を踏まえて、新たに一定期間が必要とする運用を行うこととした企業は、1社。
3 無期転換ルールが創設される前から6ヶ月としていた企業が1社

詳細は下記URLから参照できます。
→ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000189946.html


[編注、コメント]

 大手自動車メーカーともなると、労働契約法の改正に合わせて、シビア(法スレスレの対応)を図るものだな、と改めて実感した次第です。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する