在宅勤務が「経費節減、優秀な人材獲得、効率向上」に繋がってる企業の取組み 

在宅勤務
テレワーク


2018.1.15付日本経済新聞 朝刊記事から

記事タイトル:「自由な働き方、企業が支援 」の記事見出しで、テレワーク企業数社を紹介している。

  このうち、管理部門支援のキャスターとソフトウエア開発のシックス・アパートの例を記事の中から紹介したい。
  2社に共通しているのは、採用しているテレワーク勤務が工夫によって、「経費節減につながるだけでなく」、「優秀な人材を集めやすい」、「生産性、作業効率の向上に寄与している」実態である。
  以下、注目に価する制度運用実態の一部を記事を引用する形で紹介しよう。


◎ 管理部門支援のキャスター(東京・渋谷)

「キャスターは2014年の創業以来、従業員に出社を義務付けていない。同社は中小企業などを対象に、人事や経理、秘書などの業務をインターネットを通じて受託している。パートや業務委託も含めて約200人の従業員が働くが、都内にある本社には十数席しか机がない。
 仕事はインターネット上で処理する。数人単位のチームで作業をこなすが対面ではなく、チャットなどを使ってコミュニケーションをとりながら各自が在宅で働く
 夫の転勤など家庭の事情で仕事を辞めた人を積極的に採用。地方在住者が多いほか、旅行中に仕事をする人もいる。通勤圏に縛られないため「優秀な人材を集めやすい」(中川祥太社長)。」

◎ ソフトウエア開発のシックス・アパート(同・千代田)

「シックス・アパートは社員30人に対し都内のオフィスには10席しかない。社員は自宅やカフェなど好きな場所で働ける。以前よりオフィス面積を約3分の1に減らしコストを圧縮する一方、月1万5000円分のテレワーク手当を支給する。(中略)約1年前に出社不要に就業規則を変更。(中略)通勤時間がなくなった分、以前より早い午前8時から仕事を始められるようになり、夕方5~6時には終わる。生産性を高めながら、残業時間も月平均10時間以下に減ったという。」


 [編注、コメント]

 在宅勤務が経費節減、人材採用、仕事効率のアップに繋がるなら、挑戦してみようという企業も出てきそうだ。さすが、日本経済新聞社の取材力は素晴らしい!

 

労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/724-e84cd565