「非正規」年齢階級が高くなっても賃金の上昇が見られない(29年調査) 

平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況

厚労省が平成30,2,28、「平成 29 年賃金構造基本統計調査の概況」を公表しています。
調査の概要は、以下のリンクから直接参照することができます。
→ http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2017/dl/13.pdf

ここでは、同調査結果から「雇用形態別の賃金」の概要を紹介します


雇用形態別の賃金(男女計)
○正社員・正職員321.6千円(年齢41.7歳、勤続12.8年)
○正社員・正職員以外210.8千円(年齢47.3歳、勤続8.2年)

(男女別)
(男性)
○正社員・正職員348.4千円(前年比0.2%減)
○正社員・正職員以外234.5千円(同0.4%減)
(女性)
○正社員・正職員263.6千円(同0.6%増)
○正社員・正職員以外189.7千円(同0.6%増)

(年齢階級別)
正社員・正職員以外は、男女いずれも年齢階級が高くなっても賃金の上昇があまり見られない

雇用形態間賃金格差(正社員・正職員=100)
○男女計で65.5(前年65.8)、
○男性で67.3(同67.4)、
○女性で72.0(同72.0)となっている。


29年賃構正規・非正規
(↑ クリックで拡大表示ができます)


[編注、コメント]

グラフを見ても読み取れるように、「正社員・正職員以外は、男女いずれも年齢階級が高くなっても賃金の上昇があまり見られない」実態が認められる。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/736-094c4e10