FC2ブログ

「二重雇用」下での営業秘密の漏洩事件 

「営業秘密持ち出し容疑元役員逮捕 IT技術者引き抜き?」
2018.3.9日本経済新聞記事

表記の見出しで「役員かつ、営業秘密の作成者による営業秘密の漏洩事件」が報じられていた。この事件は、二重雇用下における営業秘密の漏洩という問題もあわせ有している。本事件は民事裁判にもなっていることから、さらに、事件の詳細を知る機会が有るかもしれない。下記は、日本経済新聞記事。

出所:2018.3.9付け日本経済新聞朝刊記事から
記事タイトル:営業秘密持ち出し容疑元役員逮捕 IT技術者引き抜き?


記事本文:「ITコンサルティング大手のフューチャーアーキテクト(東京)から従業員名簿などの営業秘密を不正に持ち出したとして、警視庁生活経済課は8日までに、同社元執行役員の岸本昌平容疑者(39)=東京都渋谷区渋谷1=を不正競争防止法違反容疑で逮捕した。同課によると「自分で作った資料なので営業秘密とは思わなかった」と容疑を否認している。
同課によると、岸本容疑者は2016年12月から17年5月まで、競合会社で東証マザーズ上場のベイカレント・コンサルティング(東京)とも雇用契約を結び、営業秘密を同社に漏洩した疑いがある
逮捕容疑は17年1~2月、自宅のパソコンからフューチャーアーキテクトのサーバーに接続し、営業秘密である顧客向け金融システムの提案書や従業員名簿を不正に得たほか、顧客向け見積書をベイカレント社の社員にメールで送信した疑い。
名簿にはシステムエンジニアやプログラマーなど技術者約100人の専門分野と役職が記載されていた。16年12月以降、フューチャーアーキテクトからベイカレント社には技術者約30人が移籍していた


ベイカレント社は取材に「名語などを持ち出すよう指示したことはない」と話している。同課は今後、同社側からも事情を聴く。
提案書と見積書には金融システムの仕組みの詳細が示され、外部に漏れれば技術が盗用される恐れがあった。
同課によると、岸本容疑者はベイカレント社との雇用契約について「報酬アップのためヘッドハンティングに応じた」と話している。
フューチャーアーキテクトが二重の雇用状態を把握し、17年4月に警視庁に被害を相談した。岸本容疑者は5月に同社を解雇され、ベイカレント社も自主退職した。
フューチャーアーキテクトは東証1部上場のフューチャーの子会社。」


[編注、コメント]

 この事件は、2017.8月に営業秘密の不正使用を理由に、フューチャーがベイカレントに対して民事訴訟を提起している。
 前記記事は同一事案の刑事事件経緯。
 本件は、営業秘密の不正利用事件だが、当事者が「①役員かつ、営業秘密の作成者による漏洩事件であること、②二重雇用(許可された副業・兼業ではない)による秘密漏洩であることなどに特徴がある。
 二重雇用下での営業秘密の漏洩は、仮に、許可された副業・兼業である場合はさらに複雑な問題が派生する可能性もある。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/742-4f2304ca