FC2ブログ

フリーランス、個人事業主、クラウドワーカー等の実態と意識 

独立自営業者の就業実態と意識に関する調査

 独立行政法人 労働政策研究・研修機構は、平成30.3.28,フリーランス、個人事業主、クラウドワーカーなどの実態と関連情報がまとめた「独立自営業者の就業実態と意識に関する調査」の報告書を公表しました。

報告書の概要(公表文)は、以下URLから直接参照できます。
→ http://www.jil.go.jp/press/documents/20180328.pdf




[なお、以下は、調査報告書の発表文(まとめ部分)]でです。
詳細は、前記URLを参照してください。


調査報告書の発表文(まとめ部分)

 独立自営業者(フリーランス、個人事業主、クラウドワーカーなど)全体でみたときの一年間の報酬総額は200万円未満の者が6割に上る一方で、仕事全体の満足度は高い。
独立自営の年収

●1ヵ月あたりの平均作業日数
「7日以下」の者が全体の3分の1程度を占めるが、作業日数が2週間を超える者も50.1%に上る。クラウドワーカーは、2週間以内の作業日数の者が7割程度を占めており、独立自営業者全体と比べると作業日数は短い傾向にある。
●一年間で得た報酬総額
税金・社会保険料などを差し引かれる前の報酬総額は、「50万円未満」が39.9%に上り、200万円未満で全体の6割を超える。なお、専業の者の報酬額は、兼業の者よりも、主たる生計の担い手の報酬額は、主たる生計の担い手ではない者よりも高い傾向にある。また、クラウドワーカーの報酬額は、独立自営業者全体と比べると低い傾向にある。
●独立自営業者の満足度
「仕事全体」の満足度は高い傾向にある(満足している/ある程度満足しているの合計68.0%)。各満足度を見てみると、「働きがい」や「働きやすさ」に対する満足度は高く、それらに比べると「収入」に関する満足度は、低い傾向が見られる。
●整備・充実を求める保護施策
独立自営業者およびクラウドワーカー共に、整備・充実を望む保護施策のうち特にニーズが高かった項目は、契約内容や方法に関する事柄やトラブルがあった際の解決機関の整備に関する事柄であった。ただし、「特に必要な事柄はない」が最も多い回答となっている。


[編注、コメント]
 「「働きがい」や「働きやすさ」に対する満足度は高い一方、「収入」に関する満足度は、低い傾向にある。(報告書)。しかし、年間の報酬総額は200万円未満の者が6割に上るという状況の前では、しばし、考えてしまう。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/744-34c2e5c1