FC2ブログ

諸外国における副業・兼業の実態調査 

諸外国における副業・兼業の実態調査

 労働政策研究・研修機構は2018.4.30、資料シリーズNo.201『諸外国における副業・兼業の実態調査—イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ—』(2018年4月)として、諸国における副業・兼業の状況や、複数就業者に対する労働政策・社会保障の適用・給付に係る状況について取りまとめている。
→ http://www.jil.go.jp/institute/siryo/2018/201.html


[編注、コメント]
 前記調査レポートによると、
 副業を行っている層は、就業者のおよそ4~7%。
○ドイツでは副業・兼業の従事者の9割がいわゆる「ミニジョブ」の従事者。
○フランスでは、兼業している雇用労働者の8割が女性で、多くはパートタイム労働者で、家事労働者や清掃業務の従事者が大部分を占めるとみられる。
イギリスでは、経営管理職や専門職が一定の割合を占めるが、サービス業、小売業などの未熟練職種の従事者も女性を中心に多い。
アメリカでは専門職層が比較的多く、イギリスと同様、教育あるいは医療分野の専門職種が代表的



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/766-1f1550a8