FC2ブログ

注目されるAIによる勤務シフトの自動作成 

2018.6.16付日本経済新聞 朝刊記事から
記事タイトル:勤務シフト 自動作成 吉野家や高島屋 時間半減
記事本文:
「外食、小売り大手が勤務シフトづくりを自動化している。(中略)

 牛丼店「吉野家」では、半月のシフト決定に10日間の断続的な作業が続く。出勤したスタッフによるシフト表への書き込みを待ち、他店に応援を求める。吉野家HDはセコムやAIスタートアップ企業のエクサウィザーズ(東京・港)とシフトの自動作成ソフトを開発。店長のシフト作成時間を半減したいという。
 従業員の出勤の実績や休日の希望を入力し、AIに一定のシフトを作らせる。応援要員の候補も選ぶ。埼玉県の81店舗で採用し、全国に広げる。

 高島屋は9月、スタッフが勤務時間帯の希望を端末に入力するとシフトができるアプリを一部店舗で採用する。従来は勤務希望の時間帯を紙に記入して調整していた。8時間程度かかったが、半分になると見込む。

 ビックカメラは2月までに全店で、勤務希望の入力をもとにする自動作成システムを入れた。従来は1フロアに必要な人数を割り出し、経験と勘で作っていた。ある店舗ではフロア責任者が1カ月の1フロアのシフトを2時間半かけて作っていたが、新システムでは15分間の微修正で済んだ。

(以下略)」(日経新聞2018.6.16記事から)


[編注、コメント]

 汎用的な「勤務シフト自動作成ソフト」も出てきているようだが、店舗業態に合わせて設計できれば、さらに、使い勝手の良い勤務シフト作成ができだろうし、それが「業務の効率化につながる」とする記事には、納得できる。
 AIがこのような形で活用、利用できるのは画期的なことだ。




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/778-5315e0bc