FC2ブログ

2018年版過労死等防止対策白書 

2018年版
過労死等防止対策白書


 政府は、2018.10.30、「2018年版過労死等防止対策白書」を公表。
 白書は、過労死等が多く発生していると指摘のある教職員、IT産業、医療を中心とした重点業種・職種に関する労災事案等の分析などを行っている。
 また、「過労死等の防止のための対策に関する大綱」では、新たな数値目標の設定も行っている。

◎ 以下の数値目標を設定

1 週労働時間60時間以上の雇用者の割合を5%以下
  ※特に長時間労働が懸念される週労働時間40時間以上の雇用者の労働時間の実情を踏まえつつ、この目標の達成に向けた取組を推進
2 勤務間インターバル制度について、
 ・勤務間インターバル制度を知らなかった企業割合を20%未満
 ・勤務間インターバル制度を導入している企業割合を10%以上
3 年次有給休暇の取得率を70%以上
  ※特に、年次有給休暇の取得日数が0日の者の解消に向けた取組を推進
4 メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業場の割合を80%以上
5 仕事上の不安、悩み又はストレスについて、職場に事業場外資源を含めた相談先がある労働者の割合を90%以上
6 ストレスチェック結果を集団分析し、その結果を活用した事業場の割合を60%以上



資料:過労死防止対策白書「概要」
→ https://www.mhlw.go.jp/content/000376305.pdf




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/832-fc69df82