FC2ブログ

賃金・年休等請求権の消滅時効について(論点整理) 

 厚生労働省は2019.7.1「賃金等請求権の消滅時効のあり方に関する検討会」の「論点整理」等を資料として公表した。

 「論点整理」は、

 賃金等請求権の消滅時効期間については、「将来にわたり2年のまま維持する合理性は乏しく、労働者の権利を拡充する方向で一定の見直しが必要」とした。
 一方、年次有給休暇については、「繰越期間を長くした場合、年次有給休暇の取得率の向上という政策の方向性に逆行するおそれがあることから、必ずしも賃金請求権と同様の取扱いを行う必要性がないとの考え方でおおむね意見の一致がみられる」などと現行の2年を維持する方向としている。

賃金消滅時効等
( ↑ クリックすると拡大表示が出来ます)

(賃金等請求権の消滅時効の在り方について(論点の整理))

  https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05555.html




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/925-cd2a7bd0