FC2ブログ

新型コロナ対策に伴う変形労働時間制の労使協定の変更、解約 

 「新型コロナウイルス感染症対策に伴う変形労働時間制の労使協定の変更、解約について」


表記に関連して厚労省から手続き等のリーフレットが出されています。

 「1年単位の変形労働時間制を導入するためには、労使協定を締結する必要があります。一度、締結した労使協定について、労使の合意があっても、対象期間の途中で、あらかじめ定められた労働日や労働時間を変更したり、労使協定を解約することはできません。

 しかし、新型コロナウイルス感染症の影響により、発熱等の風邪の症状が見られる職員等への休暇取得の要請や全国的なスポーツ・文化イベント等の中止・延期・規模縮小等の要請がなされていることに伴い、新型コロナウイルス感染症対策を行う期間を対象期間に含む変形労働時間制を実施している事業場で、当初の計画どおり変形労働時間制を実施することが著しく困難となる場合も想定されます。

 そのため、そのような場合に限っては、特例的に、変形労働時間制の途中での労働日や労働時間の変更や、労使協定の解約も可能と解されます。」
変形労使協定の変更解約

としてリーフレットは、以下のj変更、解約手続き等を説明しています。

 労使協定の変更や解約が可能な事業場
 労使協定の変更の場合の手続
 労使協定の解約の場合の手続
 「労働基準法第32 条の4の変形労働時間制の新型コロナウイルス感染症対策のための特例の対象となる事業場であることの確認書」の様式
 変更後(解約後)の協定届の記載例

具体的にはリーフレットの内容を確認してください。
https://jsite.mhlw.go.jp/shiga-roudoukyoku/content/contents/000620459.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する