働く25-44歳の21.4%が、「マタハラ被害の経験者」 

働く25-44歳の21.4%が
「マタハラ被害の経験者」



 労働政策研究・研修機構が2016.3.1、昨年10月に実施した「妊娠等を理由とする不利益取扱い及びセクシュアルハラスメントに関する実態調査」結果を公表している。
 (全国10人以上の6500社で働く25-44歳の女性約26000人を対象に調査したもの(1711社約4600人から回答を得た)web調査でも約5000人の回答を得た結果を分析したもの。)

 それによると、

1 妊娠等を理由とする不利益取扱い等(いわゆるマタハラなど)を経験した人の割合は21.4%。
2 内容では、「『休むなんて迷惑だ』『辞めたら?』など、妊娠・出産・育児関連の権利を主張しづらくするような発言をされた」が47.0%で最多(複数回答)
 その他の回答は図表5参照
マタハラ201602公表

 なお、調査結果の概要は下記URLから直接参照することができます。
 → http://www.jil.go.jp/press/documents/20160301.pdf



 [編注、コメント]

 調査結果としてマタハラ被害の具体的内容が、一覧表になっている。
 『休むなんて迷惑だ』『辞めたら?』などの心無い発言が「最多」だ。企業における社員教育の不足・不十分さを感じさせる結果でもある。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


妊娠・出産等を理由とする不利益取扱い行為の中で最も多い行為は? 

マタハラ

不利益取扱い行為の中で多い行為は?

1 半数近くに「『迷惑』『辞めたら?』等、権利を取得しづらくする発言」を受けた経験あり。(47.3%)

2 「解雇」「雇い止め」がそれぞれ約2割。


誰から?
1 「直属上司(男性)」、
2 「直属よりも上位の上司(男性)」に続き、
3 「直属上司(女性)」や「同僚・部下(女性)」が挙げられている。

誰から
(↑クリックすると拡大表示できます)

以上(情報、図表等)は厚労省「妊娠等を理由とする不利益取扱いに関する調査の概要」から
詳細は下記URLから参照できます。
→ http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000104041.pdf


 [編注、コメント]
 
 「『迷惑』『辞めたら?』等、権利を取得しづらくする発言」を受けた経験あり、
 何げないその一言が、、、心を萎えさせる
 さらには、職場環境、上司問題に加えて、同性問題も絡むテーマについて、どのように周知・啓発に取り組んでいくか!

 関連パンフレット「STOP マタハラ 妊娠したら解雇は違法です」
 → http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000088308.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000104041.pdf

パワーハラスメント対策導入マニュアル 

下線文 パワハラ対策マニュアル

 厚生労働省は2015.5.15、「パワーハラスメント対策導入マニュアル」を作成公表した。
 (企業のパワハラ対策取組実態(規模別-平24年度))
パワハラ取組実態
 [最近の企業の取組状況について]
 80%以上の企業が「職場のパワハラ対策は経営上の重要な課題である」と考えていますが、予防・解決のための取組を行っている企業は全体の45.4%です。特に、従業員数100人未満の企業では18.2%に留まり、約20%の企業が「現在は行っていないが取組を検討中」と回答しています。(「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」平成24年度)

 本「パワーハラスメント対策導入マニュアル」は、パワーハラスメント対策に取り組みたいと考える企業が参考にできるよう厚労省が作成したもの。
 なお、マニュアル(A4 43頁)は以下URLから無料でダウンロードできます。
 → http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/pdf/pwhr2014_manual.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



管理職のセクハラ行為に警告なく懲戒しても許される場合がある[最高裁] (再掲) 

管理職のセクハラ行為に警告なく懲戒しても許される場合がある[最高裁] (再掲)
[再掲]
http://laborstandard.blog82.fc2.com/blog-entry-487.html



標題タイトルの記事を上記URL[裁判例]に掲載しておりますので参照してください。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



ダウンロード版「パワハラ対策ハンドブック」 

パワハラ冊子
 厚生労働省が2013.9.27作成・公表。
 「職場のパワーハラスメント対策ハンドブック」( 40ページ)全17社の取り組みの好事例や就業規則の規定例などを掲載している。
 「あかるい職場応援団」ダウンロードコーナー
 → http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/download.html

からダウンロードが可能です。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg