高校生アルバイトの悩みは、店側の一方的な「シフト変更」 

高校生に対するアルバイトに関する意識等調査結果について
1,854人から回答
厚生労働省


調査結果のポイント
1 労働条件通知書等を交付されていない  60.0%
  (口頭でも具体的な説明を受けた記憶がない学生が18.0%、)
2 32.6%の高校生が、労働条件等で何らかのトラブルがあったと回答した。トラブルの中では、シフトに関するものが最も多いが、中には、賃金の不払いがあった、満18歳未満に禁止されている深夜業や休日労働をさせられたなどといった法律違反のおそれがあるものもあった。なお、未回答も32.7%あった。
その他トラブルの詳細は「下記集計表を参照」してください。
高校生アルバイトの不満

(↑ クリックすると拡大表示ができます)

 [編注、コメント]

 高校生アルバイトの不満(アルバイトトラブル)では、シフトに関連したものが最も多い。
 具体的には、
 ① 採用時に合意した以上のシフトを入れられた 6.4%
 ② 一方的な勤務シフト変更を命じられた  6.4%
 ③ 一方的にシフトを削られた  2.1%
などだ。
 「強引なシフト変更」によるトラブルも多いが、これらの中には、店側が本人同意を得たと思っている場合でも、高校生アルバイトが「いや」と言えなかっただけというケースが多い。
 この業界も人手不足基調にあるから、ぎりぎりの人でシフトを組む中で、シフトをめぐるトラブルはむしろ多発傾向で推移するおそれがある。
 なお、シフト変更の不満のほかでは、
 高校生アルバイトへの「深夜労働をさせられた、休日労働をさせられた」(6.4%)があがっている。
 こちらの問題は、当事者合意により解決を図ることの許されない「違法。違反」の問題なだけに、注意が必要だ。(このレベルの問題を抱える、そのような業界だという評価はそれ自体がリスクと化す。)

 厚労省の公開資料等は
 → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000124502.html


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


「労働相談」担当部署に変更(都道府県労働局の組織見直し) 

「労働相談」担当部署
再編後の「雇用環境・均等部」へ



都道府県労働局の組織見直しがされるようだ!
時期は平成28.4.1
これによって、労働相談を担当する部署が再編される「雇用環境・均等部」に移管になる。

現在、以下の2枚の厚労省説明資料が公開されている。
雇用環境均等部1


雇用環境均等部2
 ( ↑ クリックすると拡大表示できます)

 [編注、コメント]

 何に、どのような影響が出るのか?
 労働局の組織変更だけで、総合労働相談の窓口の配置に変更がないだろうか?
 (今回情報は一応、現段階情報、第一報です。)



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


労働審判、実施支部を拡大へ 

新たに3カ所(追加)

「最高裁は、労働審判を行う地方裁判所の支部を拡大し、新たに3カ所で実施することを決めた。

労働審判は2006年開始され、2014年の申し立ては全国で約3,400件に上るが、現在実施している裁判所は地裁本庁の他、支部は東京地裁立川支部と福岡地裁小倉支部の2カ所。
新たに、(17年4月から)
静岡地裁浜松支部、長野地裁松本支部、広島地裁福山支部でも実施することが決まった。」
(時事通信の2016年1月18日配信記事を、要約したものです。)


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


解雇及び個別労働関係の紛争処理についての国際比較(9カ国) 

報告書「解雇及び個別労働関係の紛争処理についての国際比較」
 イギリス、
 ドイツ、
 フランス、
 イタリア、
 スペイン、
 デンマーク、
 韓国、
 オーストラリア
 アメリカ
以上9カ国の制度紹介!

→ http://www.jil.go.jp/foreign/report/2015/0615.html

解雇及び個別労働関係の紛争処理についての国際比較(概要)

→ http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11201250-Roudoukijunkyoku-Roudoujoukenseisakuka/0000088778.pdf



[編注、コメント]

 国内版 『労働局あっせん、労働審判及び裁判上の和解における雇用紛争事案の比較分析』
 http://www.jil.go.jp/institute/reports/2015/0174.html
 とあわせて、
 紛争解決システムの構築に向けた検討のため、紹介されている国際比較版である。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



個別労働関係紛争の解決状況の分析結果等を紹介したWEBサイト 

”個別労働関係紛争の解決状況”に係るWEBサイト

[2015.6.29公開]


 厚生労働省は、2015.6.29日、ウェブサイト「個別労働関係紛争の解決状況」を公開した。

『個別労働関係紛争の解決状況』URL
 → http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/funsou/funsou_main


[編注、コメント]

労働局あっせん
労働審判
裁判上の和解

における雇用紛争事案の比較分析の結果概要をご紹介しているほか、
事案の検索確認ツールもある。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg